トライアル

トライアル合格【チェッカー、1社目】

ありがたいことに、チェッカートライアル(産業、特許、英→日)で合格を頂きました。

自分にとって初めての「合格」で、第一印象は正直とっても嬉しかったです。

でも瞬時に

「本当のトライアルはこのあと!」

というご託宣(違うか笑)が聞こえた気がしました。

実際に仕事を任せていただけるのかどうかは保証されていないわけですから、

一瞬の喜びの後、「スッ」と音がして通常勉強へ戻りました笑。

 

こちらの受験先ですが、

もともとチェッカーで応募をしていました。

CVを見た担当の方から「翻訳者トライアルを受験してみませんか」とお誘いいただき、

もし失敗してもまた受けなおそう、ここは一回乗っておこうと思い、受けた経緯がありました。

ですが結果はチェッカーのみの合格でした。

自分はまだ、翻訳者のラインには立てていないのだなと思います。チャンスの女神(翻訳者用)を押し倒すには至りませんでした。

先日受けたトライアルでの失敗も振り返ってみると、順当だと思います。

ここをきちんと認めて、復習も密にして、次に進もうと思います。

 

 

ただCVの説得力はあるからこそのお誘いだったのかもしれない、と(良い方に)思うようにして、

このCVの方向性を保ちつつ、どんどんグレードアップしようと思います。

 

ですが、チェッカーとしてまずラインに立てるところにまでこれたことはよかった。

大会登録までは済んだ感じでしょうか。

あとは出走できるかどうかってところです。

 

引き続き頑張ります。

ABOUT ME
koń
翻訳者として独り立ちを目指すおばさん 現在レバレッジ特許翻訳講座第7期を受講中です。